• 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記録 

毎年の健康診断の時に
炎症の数値がちょっと高くって
ひょっとしたら歯茎からかも。ってことで
歯磨きの予約をして

4月4日に歯磨き


すると、歯磨きをしてるはずなのに
「先生が呼んでます!中に入ってください」と・・・。


何?何?何ぃ~??


すると

「口の中に腫瘍があってメラノーマの疑いがあります」と言われ

放心状態に・・・・。


その後、色々説明されるがほぼ覚えてません


メラノーマは日に日に大きくなるので急ぐ必要があるけど
手術の予定が詰まっているとの事で違う病院を
セカンドピニオンとして紹介され
その足で行くことになった。


が・・・・。
何を言われてるのかどうしたらいいのか
話が長すぎて分かんない

ただ、顎の骨を外して半分切除するという事だけは分かって
手術をするかどうかを聞かれる。

でも、本当にこの病院でいいのか?という
思いもあって一応、手術の予約はしたものの
家族会議をして決めると伝えて帰ってきた。


朝1番に、ヘルニアの手術でお世話になった院長先生に相談し
急遽、先生の所に行くことになり
診断してもらうことに

やはり、メラノーマの疑いがあるけど
骨に転移してなければ腫瘍だけ切除したらいい。
とのことだったので、この病院で手術してもらう事に。

私達の事をよく理解してくれてて
出来るだけ入院しなくていい様に考えてくれるし
私達がもう、ビビッてる事も分かってて
怖がるような事を言わず、簡潔に説明してくれて
安心させてくれる。

何より信頼関係があるし、検査で麻酔をしてその流れで手術をしてもらえる
麻酔を何度もしないようにもしてくれるので
この病院にお任せする事に。

幸い早期発見で骨に転移も見られず
メスではなくレーザーで腫瘍を摘出。
時間もあっという間で、だいを連れに行ったら(入院なし)
元気一杯で会うなりおやつの催促

後はその腫瘍を病理検査に出しメラノーマかどうかの結果待ち


で、今日4月11日に聞いてきました。


悪性腫瘍メラノーマの診断がくだってしまいました・・・。


色々調べても怖い事しか出てこないけど
今日の院長の話では、メラノーマの手術をした子が
10年経った今でも元気にしてるという話。
その子の運を信じようという話で
私もだいの強運を信じてみようと思う。

これから1年(1年再発しなければ完治といわれる)
再発がないように祈りつつ、良いように考えて頑張っていこう

頑張れ!だい。頑張れ!私・・・。



スポンサーサイト

だいの近況・・・。 

だい1
6月の28日の朝6時に
「だいの足の様子がおかしい」と起こされ
見ると4本足で立っているけれどフラフラしている


ヘルニア・・・??

すぐに脳裏に浮かんだ言葉。


すぐ病院へ走っていく途中でトイレをさせていない事に気づき
させると、もう全く立てない状態・・・。
たった30分でこれだけ進行してる

完全にヘルニアだと確信した私。



病院に着いて、院長先生いるかな??
院長先生にお願いしたい・・・
そう思っていたのは私だけじゃなく、3人共同じ事を待合室で
考えてたらしい。

そう、またしても時間外の診察だったから
希望は言えないだろうって思ってたんだけど
ドアが空いたら院長先生だったので
思わず、不安な気持ちとかがホッとして3人で号泣(笑)

やっぱり心配だったのは高齢なので麻酔の事。
歩ける歩けないは考えてなくって
必ず歩けるようになる!って思い込んでたので
麻酔のリスクと軟化症の心配のみ。
(麻酔に関しては色々とあったけど、それも後日)

手術後、2日目で「この子ちょっと歩きますよ」の言葉

「はぁ~~!?」

それで、歩き過ぎでおちりの皮がずり剥けになってるので
おしめしてます。と言われ

どんだけ歩いてるねんっ!と突っ込みたくなったが嬉しい悲鳴やし良しとしよう(笑)

でも、やはり3日で退院(笑)
3日で退院して良かったという出来事があったんだけど
日々の様子を後日書くつもりなので
ここでは省略(笑)


だい2


家で困るのがトイレ・・・。
どうも、ヘルニアになった子達は立てるようになるまで
座ったままチッコもウンチもしてくれるとか。

・・・・が

だいはそれが出来ない
おトイレ事情に関しては超ぉ~神経質
こうじゃ出来ない。ああじゃ出来ないと、言い続けます・・・。
なので、お友達に補助具みたいな物を借りたんだけど
やはり、買おうと思って買っちゃいました!

これなら、もっと高齢になって足腰が弱っても使えるし


紐が付いているので持ち上げてあげると
立つ事が出来るので、おちっこしやすいみたい。


昨日でやっとヘルニアの手術して一ヶ月。
長かったぁ~~。


抜糸前の動画だけど、歩いてる姿を載せてみた。










だいの目のこと(PRA) 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

だいのその後 

だいのその後の様子ですが
毎日の坂道散歩の成果もあって筋肉もついて
ちとムキってます(笑)


DVC00212.jpg



登り下りを繰り返し散歩。


そしてやっぱり打撲で間違いなかったようです。
一日一日、回復していってて
今では、打撲する前と変わらずな足取りになってます。

ブルブルをしてもよろめく事もなく
足もしっかり力入って立ってるし
これで、心配という文字が消えた(笑)


DVC00211.jpg


坂道散歩はだいが老犬(今もシニアやけど・・・笑)になるまで続けようと思います。
筋肉、付けるのにテキメンやったしっ♪

打撲ってこんな症状でるんやね
人間と一緒で日にち薬でしかない
あっ。人間はシップとかあるか・・・。



DVC00210.jpg


今回は不運としか言い様がない転倒
目が見えないから起きた事態だったんだけど
試行錯誤していくしかないね。

本当だったらもっと早い回復だったのだろうけど
2,3日安静にと思ってほとんど歩かせないで
その後4,5日も外出を控えだいの行動範囲を狭め過ぎて
筋肉が少し落ちてしまって回復が遅れた・・・。

だいの年齢を考えるとちょっと慎重になりすぎたかな(;^_^A アセアセ・・・
もし脳だったらと考えてしまって



DVC00226.jpg


そんな訳で朝寝てる間に起こった出来事だから
だいが起きだしてガサガサしだしたら
お姉ちゃんが今までと違い起きてしまうようで
その様子を見てたら・・・。

朝と言っても4時とかだからヾ(- -;)
早起きすぎるねん

ご飯を食べようといちママを起こそうと助走を付けて鼻をいちママの頭を突く・・・。
枕に乗りあがりいちママの口を突いてみたり
それでも起きないと見れば少し小休憩?で
おもちゃで遊び始め・・・見ると体が飛び跳ねてたらしいヾ(・・;)ォィォィ

しかも布団が敷いてあってその狭い周りで・・・。
そりゃ怪我もするわ・・という行動だったらしい
目が見えてたら別やけど・・・
見えてない分、その衝撃でぶつかるという事が起こる訳で(^^;)ハハハッ

衝突しても大丈夫なように危険な所はクッションなどで保護してます。
元気なんは止められへんしね(笑)

てな感じでだいごろうさん
全くもって全快!に快復し元気です。

心配してくれたみなさん。
ありがとうございました

今日もいちの仕事が終わったら坂道散歩頑張って来ますヽ(^。^)丿イヤッホー

だいの事 

前回、書ききれなかっただいの事なんだけど
長文になるのでスルーする人はスルーしちゃって下さい


4月の20日の早朝にふすまのドンという音その後ドザっという音で
お姉ちゃんがビックリして見たら、だいが四足で背中丸めて
固まって頭を下げる感じでジッとしてて
その後、歩こうとしたらバタっと倒れたらしい・・・。

で、起こされてだいの様子を見て歩かすと
前の左足と後ろ足が全く力が入らない感じで
左側にバタっと倒れるという状態。

いちねぇといちママはヘルニアになったんじゃないかと
大騒ぎで、いちは頭をフル回転。
片側だけが力入らないなんてヘルニアの症状であるのか??

でも首のヘルニアだと前足に症状が出るし・・・。


万が一の事があってもいけないので
病院へ行こうって事ですぐに病院へ。


その間に原因を考える。

①前日に目が見えないから脚立に激突して
 頭と足を打ってるらしい。
 いちねぇに状況を聞くもイマイチ分りずらい説明ヾ(- -;)

 歩いててぶつかるぐらいなら、頭への影響は考えにくい。
 ただ、足に影響はあるかも・・・。

②朝、布団とふすまの間があまりなく目が見えないから 
 布団に足を取られよろつきふすまに激突し、転倒
 
③脳の病気

④耳の病気

⑤ヘルニア


病院で検査(レントゲンと血液検査と神経の検査)してもらうとまず、ヘルニアではない。
頭を打ってという事もほぼ考えにくい。
骨折もない。
神経系も大丈夫。という事


で、病院で歩かせると、しっかり歩くのよ・・・(T▽T;)あぅ

一週間、鎮静剤を飲ませて今の状態より悪くなるようだったら
また連れてきてと言われ家に帰る。


家で、様子を見てるとバタっと横に倒れるので
朝よりも歩けてはいるが、もう一度検査してもらう方が
いいかやっぱり脳に異常があるのでは??
(脳内出血とか脳腫瘍とか)
クッシングもしてるし・・・。
色々、嫌な方向に考えてしまい、焦って病院に行ってMRI検査となると
全身麻酔だし、結果何もないのに全身麻酔までするのは避けたい。

で、訓練の先生に電話して5分でもいいから
だいの様子を見て欲しいとお願いして仕事場まで押しかけて行っちゃいました(>▽<;;

だいの様子を見てもらったり、上に書いた状況をこと詳しく説明。
先生の話では、アジをやってるワンちゃんが脇腹?肋骨?って言うのかな
そこを打撲すると、ふらつきが出たりするそうで
だいの場合チキンな性格(弱い)も手伝いパニックになり
人間もわぁ~ってなって相乗効果で思った以上の症状が出た
というのも考えられる。と・・・。

あり得る話しだ・・・と(笑)

この様子なら私だったら2日ほど様子見て
症状が悪くなるようだったらすぐに病院へ走れる体制を取って
おくかな。という先生の意見

他にもいっぱい話は聞いたけどそれは省きますね。


いちの、決断は2日様子を見よう。
という事。


万が一の場合に病院も教えてもらって何かあればその病院に走る事に。
(この日の夜に、病院の場所の下見に行く。迷わないために)

様子を見てると、だんだん良くなってきて
次の日には段差でよろめき転倒とブルブルして転倒はあったものの(一日に3度ほど)
2日目には横に倒れる事はなくなったので日を伸ばし
経過観察する事に。


で、今に至るのだけど他人が見たら分らないぐらいの
歩き方に戻ってます。
2,3日は安静にしてて歩いてなく
筋肉が落ちてしまってるのよ・・・。(触ると分るんだけど)
もし、脳とか他の原因の場合を考え運動は避けていたので。

後、ひといき足がしっかりしないのはその筋肉のせいかな??と
筋肉強化のため起伏のある坂道(足に負担がをかけず筋肉をつけれる)
の運動を始めて約、一週間。
家では、足の屈伸運動とマッサージ(ヘルニアの時に教えてもらった方法)

日に日にしっかりしてきているので少し心配もしなくなってきているんだけど
はっきりした原因が結局分らずなので
筋肉が付いてもまだ、様子がおかしければ
病院へ行くという選択肢も考えてます。

ただ、おかしくなったのはその音がした直後だし
その後、痛いという仕草をしてたのと、お布団大好きっ子なのに
お布団に入ろうとする時に一瞬考えてからゆっくり入ってくるし
打撲で間違いないのだろうけど、犬の打撲って
ネットで探しても何の情報もないんだよね・・・。

なので、このままだいが完治すれば
打撲だったという事になるので、情報として役立てばと思いブログUPしました。


GW真っ只中にこんな内容だったけど(^^;)ハハハッ
いちは、夕方からお出掛けなので
今から今日2度目の坂道運動に行ってきまぁす~♪

だい君頑張ってます

 | ホーム |  »
いくつになったの
メラノーマ
メラノーマ
だの手術から何日経った?
Thanks
お気に入りショップ
だいの訓練学校
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。