スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこでもドア 

またまた、今日もだいごろうを連れカフェに行って来ました
毎日、毎日出かけても飽きないだいごろう
今日はだいごろうもお気に入りのIMPのテラスのあるカフェに行って来たよ

そしてそして以前に注文していた「どこでもドア」 勝手にそう呼んでいる・・・(笑)
が届いて設置しました
でも、だいごろうは気に食わない
ベランダのドアを少し開けそこから外を眺めるのがだいごろうの趣味(笑)
よく、目を細めて眺めているもんねぇ
だから、一度はベランダのドアを鼻で開ける事を試みてみるだいごろう・・・

だいごろう「俺の楽しみ俺の楽しみ外を眺めるんだ よいしょっ」
私 鍵、閉めてるから開かないんだけどなぁ
だいごろう「えっ開けへんやん。俺、ここ開けたいのに」
私「どこでもドアから出たら?せっかく買ってんから」
だいごろう「なんでやねんそんなん勝手に買ってんやろもうっ」
私「いいやんか、冬寒いし、せっかくやねんから文句いわないの」
だいごろう「分かったわ・・・」

本当にいつも、「あうぅっ」っていう声を出してベランダに出るんですよ・・・
ほんとっ文句タレなんです・・・

0be500b8a6ee29b6d92a411de74e417f.jpg


5e68e0ef3430a0405831b3de67f94fa8.jpg


2af8e4d3100c841415f86067fc15d5ff.jpg


052ea7053b106f2d1fedfa7612572574.jpg



こうやって、ベランダで遊ぶだいごろう

少し段差があったので、腰に負担がかからないように台を置いてみました

db7285a5314b7c26fb609072a9d547dc.jpg



文句タレですが、大事に大事に育ててる家のボンです(笑)

   
スポンサーサイト

だいごろう梅田へ 

今日は朝から私は仕事で大忙しだったんだけど、何とか仕事を片付け姉と
一緒にだいごろうを連れ梅田に行ってきましたぁ手書き風シリーズ26ピース


車でロイヤルホテルまで行きそこからバスに乗り梅田まで

ad1f51182dede0a50f0ae7ae5f869b7d.jpg


バスの中でなかなか、お利口だっただいごろう
そして、バスから降りてその近くのシュビドィビダイニングというお店にいきました。
ドックカフェではないいのだけど、テラスのみワンちゃんも入れるお店なんですよ
そこで、姉はサーモンといくらと春菊の丼を注文しました 私は、マグロステーキ丼
とってもおいしかったよぉ

2944c5d6df4001ac17cb95d5f6f180f9.jpg


cd224d8c6a52d271e8fee74c3dea5e14.jpg


実は、姉の注文したのは写真を撮らせてもらったんだけど、
自分のはきれ~いに食べ終わった後に、気づいたのです・・・
だいごろうの事言えず、私も食い意地が・・・(笑)


その後、ナビオにあるジーザスディアマンテというお店に行きました

7aaad5a48b8c1991dd903388fa3a9dd1.jpg



店員さん「きゃぁぁ~かわいいぃ~」と黄色い声
だいごろう「俺、いけてるかい?かわいいかい?」
そうだいごろうは若い女の子の黄色い声が大好き
そして、とうとう・・・ お腹をみせ愛想をふった後、お決まりの店員さんのスカートの中へ(恥)
ここに来るといつもするんだよねぇ 

エロだいごろう

そして、お店の店員さんの箕島のみかちゃんに抱っこしてもらって写真を撮ったよ

3f4d235ebd62119e1c75fa08e46f7b70.jpg






またまた訓練参加 

今日も頑張って訓練参加してきましたぁ


45b4b882bf8ea055e214db9ffe9b4701.jpg

と、訓練に行く前にだいごろうを連れコーナンに行ったんですけど・・・
カートに乗せてて「さぁ!帰ろう」と思いカートを直してたら、だいごろう
地面に向かってダイブ・・・

ゴンッて鈍い音がした・・・

私、顔面蒼白
何故かだいごろうの体を一通りさすり、「どこか痛くない?」と聞いてみる私
周りの人は犬が言うわけないやんって突っ込んでたはず
考えると恥ずかしい・・・(笑)
だいごろうは泣き声もあげず、ビックリしたのか固まってたよ
訓練へ向かう間、シュンとしていたのだけど、着いてからはいつも・・・いや、いつも以上に張り切って楽しそうだったな
脚側の時なんて私の顔見ながらもう、歩くか、もう歩くかって感じで体が前後に動いてたもんね(笑)
で、できばえはというと

最初の出足が早いのよねぇ~
「ゆっくり」と声をかけると少しペースを落として歩くのだけど・・・
今度は止まった時・・・
私が止まったらだいごろうも私に何も言われなくても私の横でお座りをしないといけないんですけど、どうしても一歩前で座ってしまうだいごろう
手で後ろに下がってってするとバックしてきれいな位置で座ってくれるんだけどなぁ
でも、だいごろうは自分が出来てるって自信マンマンだからしょうがないのだ(笑)

でも、6月に試験を受けるからすこ~しお家でも練習しなければ
私とだいごろうなんで一日5分~10分ぐらいの練習
お互いタリショウなんで(笑)

そうそう、歩きながらの座れ、伏せは少し思い出してくれたようで今日はだいごろうにとっては花丸


他人に触ってもらうという訓練では・・・
大人しく座って触ってもらうどころか、いい犬?ぶってすぐお腹見せてだら~っとするんだよね

でも、私の指示は座れ待てなんだよ
まぁ・・・いっか

てな感じで訓練は終わったのだけど、今日は久しぶりにレオンにも会えたし、楽しかったなぁ{

写真を撮ろうとカメラ持って行ってたのに、一枚も撮れていない・・・

後悔・・・

次は必ず写真撮ろぉ~っと

fc8bf21ce64f796725d0dde555312034.jpg

訓練 NO.2 

再びだいごろうの過去に戻って

03cd4b530c947586055042604e8e18dd.jpg


訓練は、アイコンタクトから始まりました。
最初はおやつで釣って顔を上げさす事から始めた。
そして左についての脚側、座れ待てでだいごろうの周りを回る・・

えぇ~・・・ドクロ


いきなりそんな事できないよぉと思っていたが、結構すんなりするもんだから驚き
それに吠える事を心配していたけど、そちらもなんどかクリアー
だいごろうも訓練をしているっていう事を理解しているようだった私には
魔法がかかっているようにしか思えないほどでした(笑)


訓練が終わった後、訓練仲間の人達とケーキとお茶するんですけど、
だいごろうにはこの間も訓練
ケーキを持って来た店員さんに吠えないように
でも、周りのわんこママたちからおいしいおやつを貰えるので神経がそっちに集中

これもなんなくクリアー

家に帰ったら、ぐったりして寝つづけたぐらいだから、よっぽどだいごろうなりに神経を使ったのでしょうね(笑)

でも、がぜんやる気マンマンになった私は毎日少しづつ自分でも訓練しようと決めたのだった

だい、がんばろうねjumee☆biceps2


cedbfe9f2441135d70222d95c4dbe63f.jpg

迎賓館へ 

今日は仕事をサボって・・・(。→∀←。)キャハ♡

訓練友達のまろんと一緒に迎賓館にランチして遊びにいってきましたぁ
最初、車でまろん家まで行った時は久しぶりだったせいかうちのだいごろうは吠えてしまったのだけどまろんパパが大好きなだいごろう嬉しさのあまり『うれション』をしてしまった・・・ 恥

そして迎賓館へ


迎賓館ではイタリアンのお店に入り、もうぉ~・・・だいごろうと、まろん食い意地満開
だいごろうにも珍しく魚肉?ソーセージを注文してあげた (普段は食べすぎるのと、一回あげるとすごい事になる為、あげないようにしているのだ
そこでもだいごろうのすごさが・・・

まろん「ぼく、さやいんげん嫌い ぺっっ」
だいごろう「えっいらないの? ちょうだい、ちょうだい ぱくっ」まろんの吐き出  した、さやいんげんをだいごろう食べる 何でもいいのだお腹に入れば・・・
だいごろう「う~ん美味しい」

てな感じで、何でも食べます・・・はい
↓ はだいごろうの食べたソーセージです 私も味見したけど手作りで美味しかった  よ

52b1ead2c61725ec475cb8aee68f1032.jpg



それから、中のショップを見てまわったよ
わんこのお洋服がいっぱいかわいいのが売っていて欲しかったけど、だいごろうに服買い過ぎって姉と母から注意されているので我慢しましたぁ
でも、一つだけ買っちゃいました。
ダックスのブラックタンのストラップ なかなかブラックタンはないので嬉しくてつい購入 まろんママも購入したよ


05892a52100d9b80c6122805d818036e.jpg


最後に、屋上にある無料(会員カードが必要)に行ってめいいっぱい遊んだよ
そこで、まろんとだいごろうの似たもの同士発見
お互いちゃんと2つボールがあるのにどうしても相手のもっているボールが欲しいらしくて取り合いをしていた・・・と言ってもバトルではなく、まろんが自分の前にボールを置いてだいごろうが密かにそのボールを狙うっていう感じなんだけどね 笑

まろん「これ、ぼくのボール 取らんといてなぁ」
だいごろう「ぼくもそのボール欲しいねん。ちょっと貸してぇ」
まろん「嫌や、あっち行って 向こうにもう一つボールあるやんでもあのボール 
    もぼくのんやけどなぁ」
だいごろう「退散」 まろんが気を抜いた隙にボール奪う・・・  せこい


dbfd93bb62ab25f5e0ad252e724c3c94.jpg






ビソラ&タバサへ 


またまた、まろんとカフェに行ってきましたぁ

今度はこの間、約束をしていた、箕面のビソラに行ってきました
だいごろうはとてつもなく雨男(あめお)やはり天気は・・・今にも降り出しそうな感じ
いっつも、どこかに連れて行こうとすると雨が降るのですぅ~

行き道、だいごろうも、まろんも平常心で落ち着いた感じだったんですけど、ビソラの駐車場に着く頃になるとだいごろうがテンパリはじめた・・・
一回、自分が行っている場所に着くといつも興奮するだいごろうであった・・・
まろんは大人しく膝に抱かれているのに・・・だいごろうは極めつけに                   

クラクションまで鳴らしてくれやがったぁ 

はずかしいったらなかったぞぉ~

エレベータの中に乗ると他のわんちゃんの匂いがするのか、まろん&だいごろう床をクンクン
降りる時になると扉の一番前を陣取るだいごろう
一番最初に降りようとがんばるのだ ・・・でいつも私に引っ張られてTHE.END懲りないヤツ

d07567f099d1d7361be1addaeec97fc8.jpg


ドックカフェに着いて私たちは、パスタランチ
だいごろうの注文は無し(笑)
あっドックカフェに着いた時に面白い事が ドックカフェの床部分が一部透明になっていて、まろんはどうもそれが怖かったらしい・・・
その上を歩くのを嫌がって結局つなぎ目の上を選び綱渡りの感じで歩いてたよ(笑)
なんとも、プリティな、まろん
だいごろうはというと、はい。そういう事は怖がらないのです
っていうか食べ物に釣られてて多分見えていない・・・嫌、絶対(笑)


87101b063ef8a1ceaa647a9baaaf3705.jpg



  それが、その時の写真です まろん怖くて座ることが・・・ だいごろう、卑しい口に・・・

席に着いた時は、隣の席の方が自分家のわんちゃんの為にケーキを注文していたケーキが来ると、だいごろう・・・欲しいと言ってキュンキュン泣いてるのです・・・
笑われちゃったよ・・・隣の人に

でも、今回は私もひどかった

さあ出ようという事になり、私、いちもくさんに扉へ
まろんママ「えっ」っていう顔で私を見るので(それでも気付かない私・・・)
まろんママがレジの方向へ行くのを見て、やっと気付いた


無銭飲食をしようとしててのですぅ~

恥ずかしい・・・ でも無事精算をすまし、少しボール遊びをして遊んだ後に、お茶をしにタバサに行ってきたよ

上のショップでリード&首輪の激安セールをしていたよ

その戦利品がこちらで~す


5acce3aa3a7bee195e5b3d172465c9e3.jpg



定価¥13,400が ¥2,000だったんですよ



こっちはなんと定価¥50,000の商品が¥2,000 絶対買いだよねって言って買っちゃった

f200e71fd233132055fef761a4177991.jpg


私がリード選びに必死になっている時
店員さん「あぁ~」
だいごろう「俺、このおもちゃ欲しいねん取ってぇ」
私「あかんよぉ、だい」と言って引きずって行く私・・・
店員さん「あぁぁ~」
だいごろう「俺、これ欲しいぃ~」
私「すいません・・・このおもちゃ売ってますか?」恥ずかしさのあまり聞いた。
店員さん「はい。売ってますけど実はこれは在庫としてストックしてあるもので、同じ商品はディスプレイしてあります」

そう・・・だいごろうはストックしてある箱の蓋を勝手に開けおもちゃを見つけてしまったのです。

私「この、おもちゃか?」
だいごろう「違うあれや」
私「どれこれか?」
だいごろう「違うわボールやひよこなんか俺いらん」
私「これか」
だいごろう「そうそうボールや」

ということでボールを買うはめに・・・


628fd948d921f7e3423d0c9871a9d7c8.jpg



訓練 

ドックカフェ主催の訓練学校は以前だいごろうが行った訓練学校とは違い、飼い主さんと一緒に訓練をするところでした
見学に行くともう、みんな賢くてだいごろう付いていけるんだろうか・・・って思うほどでした♡o。.(✿ฺ。 ✿ฺ)ポッ

まず、アイコンタクトみぃ~んな飼い主さんの顔をじぃ~っと見上げて    

かわいいのなんのって
だいごろうは、自分の都合のいい時にこれでもかっていうぐらい         目をクリクリさせて見てくるんだけど、都合悪ければ、知らんぷりっていうような状態だったんで、「あぁ~これさしたいっ」って思いました。

次は左横付け。この時に微妙に横に付いている場所がずれていたら「もう少しバック」っていったら本当にわんちゃんだけがバックして下がるの
もう、びっくりしたよ

で見学しているだいごろうはというと・・・
吠えまくる・・・
わんちゃんが動くと吠えまくる(えぇ~い静かにしろぉうるさい)
2時間ぐらいの時間だったんだけどその間中ずっと吠えてた
ほんとすいませんでしたぁ・・・;:il:il|;l|;il:i(-ω-`;)ll|l|il|;:il|!

もう見学している間に絶対訓練にかようぅ~って心に決め、帰りにどうでした?って聞かれた時には即効「次から通います」ってお返事したぐらいだった

その後に、その時来ていたすーちゃんママ、まろんママに最初吠えまくってうるさかったでしょって言っても「そんなうるさい記憶ないよ」っていってもらえたんだけど、嫌な記憶忘れてもらえてて幸いです(笑)

そして、次週の訓練の日が来てだいごろうを連れ、吠えたら先生に叱ってもらうんだとの気持ちで行ったら吠えない(猫かぶり・・・いや、豹ぐらい被ってたきっと・・・)

その日からだいごろうの訓練日々が始まったのでした


e8c4de264658b32c627f38a014ebfbaa.jpg



 だいごろう初めてのシャンプー

94457fd26afa775aafe6085fea0b2d7b.jpg

訓練開始 

だいごろうに

いろいろと問題行動が・・・・

その① チャイムに反応し吠えまくる

その② 他のわんちゃんに吠えまくる・・・
その③ お客さんが家に来て動くと吠えまくる

その④ 朝っぱらからベランダでほえまくる

その⑤極めつけドックカフェで店員さんがオーダーをとりにきて席から離れる時になると急に吠え出すんです・・・
あまりにも急だし、声も野太いので店員さんもビックリするみたいで
怒っても、全然耳に入ってないっていう感じで吠えまくってました・・・
人から「かわいいぃ~」って言ってもらいながら触ってもらえるんだけど、その方がその場から離れようとすると又吠え出す始末

とっても恥ずかしい

それでも、どうしても一緒にいろんな所に連れて行ってあげたかったので、訓練士さんにお願いしようと思ったんです

電話帳で探し、だいごろうを迎えに来てくれて2時間ほど訓練士さんに訓練してもらい家に帰って来るっていうパターンでした
でも、家でのだいごろうは一向に吠えるのが止まる傾向が見られるどころかだんだんパワーアップしてきたのです


先生に聞くと、訓練では何も問題がなくチャイムの音にも、他のわんちゃんにも吠えたりしないとのことでした

さすがに諦めはじめた頃、ドックカフェで訓練の張り紙を目にしたのです。
早速、見学に行くことにしたのでした







 だいごろう、初めてのお外


d5d6a80bf1b76c1ffdfef3f27c63da66.jpg


 だいごろう、はじめての歯ブラシ

6325283c3f1b08dc1779aa77f47dc819.jpg

窓閉めて! 

だいごろうが来てしばらくしてから、けんちゃんの入院などがありやっとけんちゃんが退院して来たんだけ、どけんちゃんがベランダの出入り口の近くで寝るようになったんです。
だいごろうはというと、けんちゃんが入院している間にスクスクと成長しゲージから出すことも多くなりトイレもベランダでするようになっていたのである

それも、いつの間にか自分で勝手に扉を開けトイレをする癖がついてしまっていて・・・

だいごろう「おしっこおしっこ・・・早くして、おやつ貰うんだ」 どこまでも食べる事を考えるヤツ

が、しかぁ~し
だいごろうは自分で扉を開けても、閉めはしないのです・・・

けんちゃん「開けたら閉めろぉ~ 寒いやろぉ~風邪引くぅ~ だいごろうぉ~」 と言っても閉める訳もなくだいごろうは自分は最高にいい事をしたという顔で戻って来るのでした

そして、だいごろうも負けてはいない 隙あらば、日頃けんちゃんから罵声を浴びせられているうっぷんをたまに晴らすのです そう・・・ジャンピングでけんちゃんのお腹の上に やはり怒るけんちゃん

本当に騒がしい家族である

ベランダに出て一番嫌なのが、ベランダから道路を見て通る人におたけびをあげて吠える事だ
パオーンパオーンとまるでゾウさんのように

毎朝、毎朝、5時、6時に
この事で困り果てた私は、だいごろうを訓練に出すことにしたのでした



だいごろうがうちの子になってから3ヶ月 
だいごろうけんちゃんのバトルが始まった

そのきっかけがけんちゃんがお酒を飲み千鳥足で歩くのが、だいごろうはどうも怖いらしく・・・
けんちゃんが歩くと 
だいごろう 「なんや何でそんな変な歩き方するんやぁ?怖いから歩かんといてぇ~」

けんちゃん「うるさいよう吠えるやっちゃな」と言ってはだいごろうに怒るので、ママがだいごろうをかばって
ママ「もう、けんちゃん、やめたり怖がってるやろ」と言うもんだから、だいごろうもこれぞとばかりに吠える吠える・・・
けんちゃん「なんでや だいごろうが悪いんやろわし、何もしてへんやんけだいごろうばっかりかわいがりやがってわしをもっと大事にしろ」
って大人げない事をよく口走ってました・・・ 情けないがおちゃめでしょ(笑)

そしてこれが吠えるようになったきっかけかどうかは、定かではないが・・・
だいごろう・・・うんちに次ぐ問題がでてきたのである・・・
  

061c67ef9ccac49b8d627cda919f988e.jpg


  ぬいぐるみを痛めつけている だいごろう 悪の顔してる・・・でもこの時はまだ最強のへたれとは知らなかったのです

・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡


この間久しぶりに訓練に行ってきましたぁ


   
訓練友達のネオちゃんです お顔がちっちゃくて可愛いんです いつもピョンピョン跳ねてます


cedbfe9f2441135d70222d95c4dbe63f.jpg


GOFOいしはら先生の愛する我が子 美人さんでしょ
でも、お顔から想像できないぐらい男前なんです(笑)
だいごろうはいつもおちょくられています


a73922b129f6c8104a732e529cab7979.jpg

今日の出来事 

  今日は朝から大忙し
というのも注文を受けたケーキを12時までに作って発送しないといけないからです
ケーキが出来上がり箱に入れようと思ったら、思った以上に箱が大きくてやっぱり買いに行こうという事になったのですが、時間が後30分しかなくて私も焦ってしまいケーキをテーブルの上に置いたまま(といっても低いテーブルではなく、背の高いテーブルなんですけど・・・)買いに出かけてしまったのです

それが間違いのもと・・・(╬☉д⊙)

サーカスのように、だいごろうは、あの手この手を使っても食べることなら努力を惜しむことはないのです
一口食べようとした時に姉が気付き、

姉「あぁぁぁ~何してるのぉ」

だいごろう「ひぇっ 見つかったか・・・でも一口たべちゃえ!!えいっ」
姉    「 又、作り直しか・・・」
だいごろう「おいしかったぁでも怒らないでねねぇお姉
      ちゃん」

81f34db565775654096873d9cbcc1922.jpg
     


そら、美味しかったでしょうよ こんなに大きい一口でたべたんだから・・・
でも、だいごろうはしつこい まだ残っているケーキを食べようと台所にあるケーキをひたすら狙うのでした ほんと、悲しいよ・・・その食い意地・・・
その様子が下の写真です


7756a97cb643a30a583b410dbd10c0b8.jpg

 

30分ぐらい文句を言いながらここにずっと座ってました・・・

今日は現在に戻って、今日の出来事を書いて見ました
明日は、訓練友達のまろんと遊びに行くのですぅ 楽しみ

   
だいごろうがうちの子になって次の日、やはり私の感的中 けんちゃんだいごろうの世話全くしない それどころか、動物園で動物を見るような格好でだいごろうを見つめているだけ・・・
予想はしていたのでいいんだけどねぇ

そして2,3日してからママが家に帰って来た。
私とけんちゃんドキドキ
意外にも、「ふぅーん、かわいいやん」と一言。
でも、この後2人の絆が固かったのはこの時誰も知るよしもなく・・・

育児の方はというと、トイレはゲージの中では一度も失敗することなく順調だった。噛み癖をつけてはいけないと思い、あま噛みをしたら怒らずゲージに入れ無視するという感じで訓練?をしていました。
でも、ある日何かおかしいなと気付きはじめたのです・・・
朝、いつもトイレマットに『おしっこ』しかしてないことを・・・
お留守番をさせていて私たちが帰ってきても、『うんち』をしている事はなく変だなぁっと思いながらも幾日かが過ぎていきました

ある日
姉 「ちょっと来てぇ~これってうんちした後やんなぁどう思う」
私 「うぅ~ん・・・そんなような気がするけどでも、うんち は」
姉 「ないいねん・・・」
私 「うそっ・・・」
姉 「ほんまぁ・・・」
私 「じゃぁ食べたって言うこと・・・」
姉 「しか考えられへんなぁ・・・」

でもまだ分からないので(食べたという事を認めたくなかったのだ)うんちをした時わざと片付けないでそのままにして影から覗いて見ていたらやっぱり     うんちを食べたのですぅ~
もう早速、ペットショップに行き相談をしにいきました。 ドックフードの中にヨーグルトを混ぜてみてはというアドバイスをもらったので試しましたが効果なし・・・
からしをふりかけても効果なし・・・
母はというと

母 「かわいいと思ってきたとこやのに・・・幻滅するわぁ」
けんちゃん 「ちょっとうとい(アホ)んちゃうか」

これはまずいと思った私は、私が見ている前だけでうんちをさせて、うんちをしたら褒めておやつをあげる様にしようと思いました。
それで、考えぬいた結果、寝る前や私らが出かける前にはおむつをする事にしました。
その結果、今ではうんちを食べる事はありません



だいごろう「あんなぁ、ぼくおしっこしたとこよう踏ないのでちゅ汚いでちゅから」
私     「何言ってんのあんたこの間まで自分のうんこ食べてたやんさもきれ
       いずきみたいに」
姉     「ほんまやぁっ」   


dfa4a742540befb7e0b378d483f47e7f.jpg



e0b8fa0c67b5c7c43ef5430fecd497ce.jpg





今から5年前のお話

ある日の朝


うちのパパことけんちゃんが犬が欲しいと言い出した。                
でも、うちのママは犬が大嫌い

その日の朝は、ママが田舎に帰っていてお留守だったのです。

きっとママが怖いけんちゃんはその日を狙っていたのだろう

私と泊まりに来ていた従姉妹のちほとがけんちゃんに連行されペットショップに向かったのでした。

一軒目、私は飼うならMダックスがいいと思っていたのでダックスの子を見ていると

けんちゃん「何やお前その種類の犬ばっかりみてるなぁでもわしはそんな小さい足の短いぶっさいくな犬いらんぞ」

私 「なんでよ?かわいいやん じゃあパパはどんな犬欲しいんよ?」

けんちゃん 「わしはマメ柴や」

私 「えっ・・・」 大きいやん・・・(誰が散歩連れて行くんよ 絶対けんちゃんは世話せーへんし・・小さい犬にしてよ)←心の叫び

でも結局気に入った子がいなくて、2軒目、3軒目と突入したのであった。

4軒目に行った所に私の目が釘付け

それを見ていたけんちゃんが又、寄ってきて

けんちゃん「なんや!そいつ気にいったんか?」

「うん」

そうしていると、店員さんがケースから出してくれたんですが

私じゃなく、けんちゃんが抱きに来る始末・・・

ひどぉ~い

ところが、その子がけんちゃんに甘えて胸に顔をうずめてかわいい仕草をしてたのです。

けんちゃん 「わしこの子欲しい今日飼って帰る」

私 「ほんまに?」

けんちゃん 「ママ怒るやろうか・・・」

私 「さぁ・・・」
     あまりにもの落ち込みようにかわいそうになった私は自分が面倒見る事もふまえて決心して

私 「パパが欲しかったら飼ったらいいん違う?パパのお金やねんから、好きにしい」

けんちゃん 「ほんまやな、よっしゃ」 とても単純な人間なのだ 笑

そして値切る事もきちり忘れないけんちゃんであった・・・

帰りの車の中まだ子供のちほにも犬を抱かせず、自分がしっかり抱きしめジ~っと犬を見つめているけんちゃんは子供みたいで笑けた

車の中でママに私から電話して言ってやとけんちゃんから言われよっぽどママが怖いのね・・・

家に着いて名前を決めようと話をしたのだが・・・

けんちゃん「太郎や」

私、姉 「えっ・・・嫌や、もっと違う名前がいい」

けんちゃん 「」

私、姉 「なににするぅ~」

けんちゃん 「うるさい わしの犬じゃぁ~ わしが決める。〔だいごろう〕じゃ、この名前でいいねん」

この迫力と子供みたいなけんちゃんに負けとうとうだいごろう と決まったのであった・・・ 笑

ちなみに今は「だいごろう」という名前気に入ってます

fff35960ddef7223cf53f1d438ecd29e.jpg





 | ホーム | 
いくつになったの
メラノーマ
メラノーマ
だの手術から何日経った?
Thanks
お気に入りショップ
だいの訓練学校
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。