FC2ブログ
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

まさかの?! 

記録を書いて行こうと思ったのに・・・。
現実を突き付けられたら
すぐにブログを放置する癖のある・・・・いちなのでした

5月の14日にかかりつけの病院へ歯磨きに行ったんだけど
何もないだろうと思っていたら
手術した場所にしこりがある。って言われ
再発の可能性も含めて一ヵ月後にまた見ましょうって言われ
ショックを受けたいち家だったのですが・・・。


色々、家族で話して
「やっぱり1ヶ月待てない・・・。 手術をしてもらった院長に相談しよう」ってなって電話をすると
「すぐに来て下さい。早い方が良いです」と言われ

5月16日に朝から行って来ました。


20140517_170636.jpg


もうね、行く道中と待合室で待ってる間のあの緊張感と言ったら・・・
口の中が乾くからお茶を含ませても含ませても
カラッカラになるねん


病室に入って院長に診てもらうと

「ん??これはメラノーマじゃないね。悪い顔はしてないよ」

ってニッコリ


多分、相当ビビった顔をしてたんやろうね。
院長がこんな話をしてくれた。


「18歳の子が子宮の手術を他の病院で断られて最後にうちの病院に来たんだよ。
 手術をすれば治る病気だから、手術を引き受け手術する時に4人体制で
 どの部分を担当するか前もって決めて出来るだけ手術時間を短くしたら
 15分で手術は終わってその子の余生は22歳まで生き、その間病気もせず
 老衰で亡くなった」

という話。そして

「もし、メラノーマが再発してもシュッと取ったらいいやん」
↑これは、言葉としてはメラノーマを簡単に考えているように思われるけど
再発に怯えるいち家に向けて安心させる凄い言葉だった

だいがシニアという事で麻酔を怖がってるのも知ってる
再発→早期で発見して手術も短時間で病院の先生一丸となって手術するから大丈夫
だから安心して良いよ。

っていう言葉。


いち家がビビってる事を分かっていて
一切、悪い事例を話さない院長
いっつも、良い事例を話してくれて安心させてくれる

だから、魔法に掛かったように
「あっ。だいは大丈夫なんや」って院長と話すと不思議と思える
こうやって1年過ごしていこうって

また、何かあったらきっとビビるんだろうけど
その度に、良い事例を聞かせてもらってって思ってます。


5月23日に病院へ(リハビリ&シャンプー&検診)
そしたらね、確実にしこりが小っちゃくなってる!!
家で、確認してて小っちゃくなってるよなぁ?って言いながら
写真を撮ってたんだけど先生も
「確実に小っちゃくなってるし菌が入ったのかもしれないね。
 経過観察は必要だけど、いい感じだね」って


20140516_130605.jpg


ホッとした後は、ランチをして(単純 笑)
ちょっと買い物したりして帰ったよぉ〰。
スポンサーサイト



コメント

 

良かったぁ~
こっちも焦るわw
先生さすが~いち家の事良く分かってるなぁ(笑)
もちろん!単純な病気じゃないけど!
そんな気持ちにしてくれる先生ステキじゃ!
すごい怖い顔が3つもあったんやろなぁ♪
いっちゃんも!だいも頑張れ@^^@

 

↑同じやで(笑)

お返事 

なんか、先生にコントロールされてる(笑)
大きな病気やけど、落ち着いていられるって
ビックリやろ?ww
私らはそれを妖怪人間ベラと呼んでいる(ハハハッ)

良かったですね。 

こんばんは、いちさん、だいちゃん。
またまたご無沙汰してしまいました^^;
信頼出来る先生がいらっしゃるって
本当に安心出来ますね。
色々不安はあるだろうけれど
その先生のお言葉で何だか大丈夫!!って
気持ちになりますね^^v
これからも元気で楽しい時間を過ごせると
いいですね^^

だいちゃん・・・やっぱりモモに似ていますね。
だいちゃぁ~ん!!
大丈夫だよぉ~
モモがきっと見守っていてくれるからね^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
いくつになったの
メラノーマ
メラノーマ
だの手術から何日経った?
Thanks
お気に入りショップ
だいの訓練学校
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク